消費者金融会社のキャッシングは貸金業法で定められている総量規制という仕組みがありますので、ユーザーが複数のキャッシングサービスを使っている場合には限度額の総額が年収の3分の1に制限されています。この仕組みはユーザーによってはキャッシングを不便に感じさせる要因となっています。この制限を少しの工夫で和らげる事で、ユーザーは融資サービスをより使い易くしていく事が可能になります。

キャッシング以外にも個人向けの融資サービスがあり、それが銀行や消費者金融会社が提供する銀行ローンです。銀行ローンは貸金業法で運営されているわけではありませんので、複数の融資サービスを利用しても総量規制の対象外となります。総量規制の対象であるキャッシングの弱点を補う為に銀行ローンを利用するのはメリットが大きいです。