「収入がある程度なければキャッシングは出来ないのではないか。」

こんな風に思っている主婦の方は多いのではないでしょうか。日々、家計に触れているからこそ、不景気な現代を実感して、節約に頭を悩ませていることでしょう。

そんな主婦の方にとって予期せぬ出費はまさに脅威ですよね。十分な貯蓄があり、そこから賄えられれば良いですが、それでは足りない場合はお金を借りる決断を下すこともあるでしょう。

確かに、現在ほとんどの大手金融会社では本人に収入がない場合は申し込みを断るようになっています。しかし、諦めることはありません。あなたにパートやアルバイトで安定した収入がある場合、または、配偶者に安定した収入がある場合は「配偶者貸付」と「銀行のローン」が利用できるのです。

「配偶者貸付」では、夫婦の年収を合算し、その3分の1以下まで借入が可能です。また、「銀行のローン」では、配偶者に安定した収入があり、審査を通れば、本人の収入に関係なく借入が可能なのです。

いかがでしょう。これらの事を知っているだけでも多少お金に関して心の余裕が生まれませんか。自らに収入がないから、と悲観せずにキャッシングを上手く利用し、充実した生活を送りましょう。