日本弁護士連合会から問題提起された銀行カードローンの過剰な融資によって自己破産者が増えているという指摘は当初はそれほど問題になっていなかったようです。しかし、最近になってから銀行の監督官庁の金融庁が腰を上げてから、ようやく全国銀行協会が銀行カードローンの過剰融資についての対策を発表することになりました。

新聞報道によると、3大メガバンクの自主規制の内容が発表されましたが、それが衝撃的な内容だったのです。2010年に施行された改正貸金業法によって消費者金融などの貸金業者には総量規制がかけられることになりましたが、3大メガバンクの自主規制の内容がその総量規制の内容とほぼ同じであったからです。逆な言い方をすれば、3大メガバンクは総量規制に違反しているような貸出を行っていたということになります。いくら銀行法では総量規制にかからないといってもこれでは銀行カードローンの無軌道さが避難されることは当然のことでしょう。銀行といえば、銀行カードローンのついて審査が消費者金融よりも厳しいということでしたが、実は銀行カードローンの審査はそれほどのことはなかったを結論付けざるを得ない状況であったことが自主規制の内容ではっきりしたのです。